« 今日の六本木 | トップページ | 汐留あたり »

2007年1月18日 (木)

見たテレビ・メモ

2006年10月9日放送

カンブリア宮殿

ソフトブレーン創業者

宋文洲

----------------------------

創業13年 東証1部上場

売り上げ35億 社員500人

  • 社員の席が決まっていない。2日続けて同じ席に座ってはいけない

    部署の壁がない、それ以上に精神的な壁がないのがすごく大きい

  • 残業がない。夕方5:30消灯

----------------------------

営業支援ソフト

 「eソフトマネージャー開発」

ポイント

  1. 携帯を使って営業報告
  2. 情報入力の簡略化
  3. 営業のデータ化

1000社以上の企業がソフトを導入

----------------------------

ここが変だよ日本のビジネス

  1. 会議のムダ 会議のための会議 分厚い資料 何も決まらない
  2. 判子のムダ 決裁印がやたらと多い
  3. 残業のムダ 上司が帰らないから、帰れない

----------------------------

宋文洲氏の言葉

  • 営業日誌などの文章は意味がない
  • 文章が長い人は仕事ができない
  • 情報は事実である
  • 営業は売ることではなく、客を知ることである
  • 社員が必死になって結果を出しても喜ばない。社員を楽させながら成果を出せるのが嬉しい

----------------------------

効率化とコミュニケーションがポイント

なのでしょうね。

コミュニケーションをとりやすい雰囲気

を作った宋文洲氏の人柄も大事だった

と思います。

他の会社で

社員の席をなくしたりと、システムだけ

マネしてもうまくいかないでしょうね。

|

« 今日の六本木 | トップページ | 汐留あたり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見たテレビ・メモ:

« 今日の六本木 | トップページ | 汐留あたり »