2009年12月10日 (木)

心を打った言葉・7

「組織の機能美こそが最も美しい」

ジーコ

-------------------------------------

2009/12/8日経新聞朝刊の記事より

組織として機能するのはとても難しいなと

もう大分前から思っているけど

まだ明確な答えは見つかっていない・・・

続きを読む "心を打った言葉・7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

95歳の詩のなぞ・・・

最近「95歳の詩」というのをネットで読んだ・・・

・・・

・・・

人生最期に人生を振り返って

読む歌には重みがあるなぁと・・・

・・・

・・・

ここで紹介しようと元ねたを調べると

この詩はネットでは

続きを読む "95歳の詩のなぞ・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

心を打った言葉・6

「大きな目標を掲げるつもりなら、そのプロセスをやり続けるために強い使命を持つ必要がある。強い使命があれば、何でもやり遂げることができる」

より。

続きを読む "心を打った言葉・6"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

心を打った言葉・5

「原理原則を意識していないと、

作るのが好きな人で終わる」

プロ論。2

富野由悠季 氏

-------------------------------------

プロ論2は

50人のプロのインタビューを

まとめられた本です。

その中で感銘を受けた

のが冒頭の言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

心を打った言葉・5

『たいていの不運は、間違った時間の使い方を
することによってもたらされます。』

ナポレオン・ヒル メールマガジン

2006年10月25日号 NO.167

http://www.n-hill.com

----------------------------------------

わたしも結構いい年になり、

残りの時間で何を成し遂げられるか、

考えてしまいます。

だから、会社での

仕事のくだらない議論

とか

意味ない仕事とか、

どうでもいーっちゅうねん。

消えてなくなってしまえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心を打った言葉・4

「人を決めつけ続けると、幸せになれないよ」

ホワンの物語―成功するための50の秘密

ロバート・J. ペトロ (著)

の一文より

------------------------------------------

自分も過去、

他人のことをある種の決め付け

をして接していたように思います。

この決め付けの部分というのは、

非常に危険でして、自分から見た

かなりのバイアスがかっている

ように思います。

他人と良くトラブルを起こす人は、

この決め付けが強い気がします。

また、決め付けることにより、

その人が持っている「良い部分」

に気がつかないことがあるのが、

とても勿体無いように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

心を打った言葉・3

成功は向かっていくものではなくて

準備が出来ている人に寄ってくる。

---------------------------

今日はカメラが修理中なので

週末起業のセミナーを受けました。

そこで一番響いた言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心を打った言葉・2

「私にも徐々にわかってきたことがある。

最強のビジネス組織を築き、

最も創造的な仕事を生み出すのは、

組織内部で働く者同士の

尊敬と共感だということだ。」

ルチアーノ・ベネトン/ベネトン創業者

-----------------------------

これ本当に大事だと最近特に思います。

人の上に立ったときには、この意識がないと

短期的に上手くいっても、長期的には

うまくいかないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月21日 (土)

無能な働き者は銃殺

有能な怠け者は司令官に、
有能な働き者は参謀に、
無能な怠け者は伝令に、
無能な働き者は銃殺にせよ。
-----------------------

っていう言葉があります。

どこかの軍隊で伝えられている言葉のようです。

私のようにプロジェクト単位で仕事をしていると

結構当てはまるのかな?と思います。

プロジェクトのリーダーになる人って

作業が優秀で、勤勉な人が認められてリーダーになる

「有能な働き者」タイプか、

自分でやりたがってやる

「無能な働き者」、タイプが意外に多いように

感じます。

意外とどっちもうまくいかないんですよね。

何でうまくいかないのか?・・・

「無能な働き者」、は論外なんですが、

「有能な働き者」タイプが上手くいかない

のは、あくまでも個人的な仮説ですが、

■目先の作業に集中しやすく

視野が狭くなりすぎる。

■意外と自分は出来ると思い、いろいろなことを

やろうとしすぎる

■がんばれば、うまくいくと思っている。

っていうのがおもな原因なのかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

心を打った言葉

「人生には悩むほど

価値のあるものなど何もない」

ナポレオン・ヒル

----------------------------

先日読んだ本の中の一文です。

よくポジティブに考えろとか、自己啓発の本などに

書いてありますが、個人的になんか「ピン」とこないんです。

悩んでいる人にポジティブに考えろというのもなんか

無理があるというか・・・

「人生には悩むほど価値のあるものなど何もない」

と考えると個人的にはスッと入ります。

まあ自分はあんまり悩んだりしないんですけどね。

自分の中では「時間」が何よりも大事なものだと

思っているので、悩む時間がもったいないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)